ブラジル・ポルトガル語文法 実況中継

『ナラ・レオン 美しき
ボサノヴァのミューズの真実 』
(P‐Vine BOOKs)

『ボサノヴァの真実
その知られざるエピソード』

Coffee & Music
-Drip for Smile-

マルセリーニョ・ダ・ルア『トランクィーロ』
Marcelinho da Lua 『Tranquilo』

ボサクカノヴァの頭脳、マルセリーニョのファースト・ソロアルバム。
「マルセリーニョは形としてのブラジル音楽に執着していない(中略)。音楽への好奇心は好奇心はレゲエにダブにラテンにドラムンベースと全方位だ。
でも僕はこの、そんなにブラジルらしくないと思われがちな音楽から、カリオカのスピリットをすごく感じる。
(中原仁さんの解説より)

ドラムンベースに続き、あんまりDJものも聴く機会が無かったのですが、これ聴いてすっかり偏見とれました。
すっごく面白いです。
特にシコのCotidianoやジルベルト・ジルのRefazendaあたりサイコーにカッコいいです。

01.Sem bla bla bla/セン・ブラ・ブラ・ブラ
02.Toranquilo/トランクィーロ
03.Cotidiano/僕の毎日
04.La fora/外では
05.Que cosa fuera/ケ・コサ・フエラ
06.Jornada/道のり
07.Refazenda/ヘファゼンダ
08.Pro marcelinho tocar/マルセリーニョが演奏するために
09.Cristiania'71/クリスチアニア'71
10.Palafita sunrise/パラフィタ・サンライズ
11.Saudade/サウダーヂ
12.Nao pode fazer barulho/ノイズをだすな
13.Saudade(dub)/サウダーヂ(ダブ)

2005年発売 リオ・グランヂ/RDJ-55003