ブラジル・ポルトガル語文法 実況中継

『ナラ・レオン 美しき
ボサノヴァのミューズの真実 』
(P‐Vine BOOKs)

『ボサノヴァの真実
その知られざるエピソード』

Coffee & Music
-Drip for Smile-

● アフォンシーニョ『ベレー』
Affonsinho『Bele』

 ブラジル音楽の新・定番を紹介するシリーズ「Samba-Nova Collection」第9弾は、ミナス生まれ・リオデジャネイロ育ちシンガー・ソングライター、アフォンシーニョの最新作を紹介。
 ジョアン・ジルベルトやミルトン・ナシメント、ジェイムズ・テイラーなどのアメリカン・ロック/ブルース…をアイドルとし、ポップなメロディとオーガニックなサウンドが魅力のアーティスト。セルソ・フォンセカをソロ・アーティストとして成功させた作詞家・プロデューサーのホナルド・バストスが現在最も力を注いでいるアーティストで、『ベレー』は本レーベルからの4作目となる作品。ガル・コスタやカエターノ・ヴェローゾに捧げた「Aquela Bossa Axe」など、自身のオリジナル曲を中心に収録した最高傑作。(帯より)

タイトルの「ベレー」は、ブラジルで日常的に「いいね」とか「元気」とか、良い意味で頻繁に使う「ベレーザ」を縮めた言葉。
音楽も、親近感が湧く気持ちの良いサウンドで、一度聴くと頭の中でしばらくぐるぐるしちゃいます♪
ちなみに、中原仁さんの解説にもある通り、アフォンシーニョは現在45歳。ジャケットの少年ではありませんのであしからず。。。

01. Vagalumes/蛍
02. Nuvem Boa/希望の白い雲
03. Causa e Feito/原因と結果
04. Gamado pelo Samba/サンバに夢中
05. Aquela Bossa Axe/ボッサ・アシェー
06. Para El Dolor/パラ・エル・ドロール
07. Bele/ベレー
08. Senza Fine/センツァ・フィーネ
09. Por Ai/そいういうもの
10. Beijo em Videotape/ビデオテープのキス
11. Borboletou/ひらひらと
12. Estrela de Estrelas/星から星を
Bonus Tracks
13. Singin' in the Rain
14. Flor de Laranjeiras

2006年10月25日発売 NRT/DDCN-3005

ベレー