ブラジル・ポルトガル語文法 実況中継

『ナラ・レオン 美しき
ボサノヴァのミューズの真実 』
(P‐Vine BOOKs)

『ボサノヴァの真実
その知られざるエピソード』

Coffee & Music
-Drip for Smile-

● トゥリッパ・ルイス『トゥドゥ・タント』
Tulipa Ruiz 『Tudo Tanto』

世界を舞い跳躍するブラジルの花香るポップ。
サンパウロ・インディペンデント・シーンのヒロインが新世代ブラジル音楽をネクスト・ステージへと率いる。

前作『efemera』がRolling Stone誌ブラジル版の選ぶ '10年ベスト・ディスク No.1を獲得。2度の欧州ツアーに、米国での公演、国内外問わず多くのフェスにも出演。いま最も旬なブラジリアン・女性シンガーソングライター、トゥリッパ・ルイス。新世代ブラジル音楽でも指折りのサウンド・プロデューサーと呼ばれる実弟グスタヴォ・ルイス(Tp4)の独特なギター・プレイ、サンパウロにリオ、沢山の音楽仲間の参加を仰いだアンサンブルは今回ストリングスの優美な響きをも従え、トゥリッパのとびっきり広い声域を活かした唄旋律が華やかに跳びまわり、我々に前代未聞の鮮やかな景色を見せてくれます。
(帯より)

トゥリッパ・ルイス (vo)
グスタヴォ・ルイス (g)
ルイス・シャガス (g)
ドゥドゥ・ツダ (key)
マルシオ・アランチス (b)
カイオ・ロペス (drs)
ジャキス・マチアス (str. arr.)

ゲスト参加
ルル・サントス (vo, g)
クリオーロ (vo)
カシン (g)
アルベルト・コンチネンティーノ (b)
ステファン・サン・ジュアン (drs, per)
ドナチーニョ (key)
ロブ・マズレック (tp)
M.タカラ (drs)
フェルナンダ・モンテイロ (cello)
ほか

プロデュース:グスタヴォ・ルイス

01. そう(エー)
02. OK(オーケー)
03. 私が見つけたとき(クァンド・エウ・アシャール)
04. ライク・ディス
05. 奔放な女(デジニビーダ)
06. 台本(スクリプト)
07. 二杯のコーヒー(ドイス・カフェス)
08. 期待(エスペクタチーヴァ)
09. グッド(ボン)
10. 毒蛇(ヴィボラ)
11. 一つ一つの声(カーダ・ヴォス)

2012年8月31日発売 大洋レコード/TAIYO-0020

Tudo Tanto